IT未経験の30代が転職するために絶対に必要な知識と大切な3つのポイント!

IT

「IT企業へ転職してみたいけど、IT未経験の30代って需要あるの?」と考えたことはありませんか?

IT企業へ転職することは未経験でも可能ですが、簡単なことではありません。

まずは「IT未経験の30代が転職するために必要な知識」を、この記事を通じて仕入れていきましょう。

IT業界への転職は未経験からできる!

なぜ、IT系への転職が30代の未経験者でも可能なのか、ご紹介していきます。

深掘りしていくと、2つのテーマが浮かび上がってきます。

  • 30代ならではの大きな2つの壁
  • 上司や先輩との向き合い方

30代ならではの大きな2つの壁

結論からいうと、IT未経験の30代でもIT系への転職はできます。

ただし、並大抵ではない努力をしてきた人だけです。

20代の新卒者を企業が採用する理由は、将来性があるからです。

しかし、30代ではどうしても20代の新卒者に、若さや将来性で立ち向かうことはできませんよね。

つまり、別のルートとして「即戦力になれる能力」と「希少性」を身に付けることが、スタートラインだといえます。

上司や先輩との向き合い方

IT系には、大手企業からベンチャー企業まで、数多くの企業が参入しています。

どちらの企業に転職できてもいえることですが、30代で転職できたとしたら、あなたよりも歳下の人物が、上司や先輩となる可能性も高いのです。

つまり、30代の自分がなぜ若い人相手に教わらなくてはいけないのか、というプライドを捨てる必要があります。

勘違いしてはいけませんが、あなたは年齢では歳上でも、会社では新入社員なのです。

つまり、スキルも相手の方が上なので、変なプライドを持つよりも能力を盗むことに専念した方が良いんです。

IT業界の転職でブラック企業を避ける方法とは?

転職の悩みで多いのが、IT系のブラック企業を避けるための方法が分からないことです。

いつの時代もそうですが、30代になってブラック企業に転職したくないですよね。

そこで、次の2つのポイントをチェックしてみてください。

  • 求人票を違う目線で見てみよう!
  • 転職先候補はストックしておく

求人票を違う目線で見てみよう!

結論からいうと、ブラック企業かどうかは、あなたの判断基準で変わってきます。

さらにいえば、実際に転職してみて初めて分かることもあるので、全部がブラック企業とは言い切れないのです。

求人票を見る前に、情報を整理して確認してください。

まず、あなたにとって、どんな企業がブラック企業なのか整理します。

整理できたら、ブラック企業の条件に当てはまらない求人情報だけをチェックしてください。

つまり、求人票を見るときに大切なことは、メリットよりもデメリットが少ない求人を見つけることなのです。

転職先候補はストックしておく

求人票を確認する力がついてくると、転職先候補を何個かピックアップできるようになります。

ピックアップできたら、優先順位を付けて転職活動をしても良いでしょう。

仮に、1つ目の企業に転職が決まったとしたら、再び転職したくなったときに、以前決めた転職先候補に絞るか、同じ手段で転職先を探すこともできます。

転職を繰り返していくことで、キャリアも積み上がります。

すると、30代であろうと、転職成功率も比例して上がっていくのです。

IT未経験で転職するときに必要な3つの能力とは?

IT未経験で、転職するまでに身に付けておきたい能力が3つあります。

  • プログラミング言語
  • 仕事に必要な情報を素直に聞ける力
  • 回せない仕事を断る勇気

身に付けておいた方が、長期的に見ると有利に働く能力です。

プログラミング言語

IT業界に転職するのであれば、プログラミング言語は勉強しておきましょう。

転職活動をしながら勉強しますが、転職してからも勉強は怠ってはいけません。

なぜなら、勉強を怠ってしまうと、仕事に影響が出てついていけなくなるからです。

どんなプログラミング言語を勉強すれば良いの?という声が聞こえてきそうですが、結論をいうと会社が使っているプログラミング言語です。

求人票を見て確認しても良いですし、求人票に書いてなければ施設の人に電話してもらい調べるのもありです。

あなた自身で確認した方が、より確実でしょう。

仕事に必要な情報を素直に聞ける力

素直な人は、どこにいっても重宝されます。

「素直さ」とだけ聞くと、どんなに忙しくても仕事を頼まれたら断らない人、というイメージを持っている人も多いでしょう。

はっきり言うと、素直さって「仕事に必要な情報を素直に聞ける力」ですよね。

とくに30代になると、プライドが邪魔をして人に聞けないことも増えてくる傾向が強いです。

つまり、素直さを身に付けておく練習をしておくと、現在の会社でも重宝されますし、転職先の会社でも重宝されやすいのです。

回せない仕事を断る勇気

断る勇気は、大切な能力です。

例えば、忙しいときに仕事を頼まれて断らない人がいますよね。

実は、断らないのではなく、断れないんです。

結果として、仕事が回らなくなり周りから怒られる、という事態に発展しやすくなるのです。

つまり、断る勇気は仕事を効率よく回すための手段だといえるでしょう。

IT業界の求人内容と実際の仕事内容は違う?

求人票に書かれていることは、実際の仕事内容と違います。

なぜ仕事内容が違うのか、2つのポイントに分けて説明していきます。

  • 求人票には「未来の仕事内容」が書かれている
  • 「労働方法が同じ」企業は存在しない

求人票には「未来の仕事内容」が書かれている

内定をもらったあとに、電話連絡で「まずは、この部署で勤務してもらうことになるけど大丈夫かな?」と、募集されていた職種と違う内容を言われたことはありませんか?

30代の人であれば、若い頃に言われたことも多いのではないでしょうか。

はっきり言うと、求人票に書かれている仕事内容は「研修期間終了後に配属された部署での仕事内容」です。

例えば、IT企業に転職したら、研修でプログラミングではなく、ビジネスマナーについて教えられることがあります。

つまり、転職した直後の仕事内容は、応募されていた仕事内容とは少し違う可能性があることを覚えておきましょう。

労働方法が同じ企業は存在しない

結論からいうと、あなたがイメージしているIT系の仕事内容と実際の仕事内容は、違うことが多いです。

いろんな職場に行ってみると分かるのですが、労働時間は同じでも「働き方が同じところ」はまずありません。

ひたすらコードを打っているだけで良い企業もあれば、頻繁に部署移動がある企業もあります。

つまり、あなたがイメージしているような仕事内容と出会える可能性は、ないとは言いませんが低いと考えておいた方が良いでしょう。

IT業界へ未経験の30代が転職するときのポイント3つ

最後に、あなたがIT業界へ転職するときのポイントをご紹介します。

IT未経験の人が転職するときの注意点としては、次の3つがポイントです。

  • 仕事を辞めてから転職活動を始めるのは危険!
  • 転職活動とプログラミングの勉強は両立しよう!
  • IT未経験でもキャリアプランは考えておく

仕事を辞めてから転職活動を始めるのは危険!

転職活動は、仕事を続けながら行いましょう。

はっきり言って、仕事を辞めてから転職活動を始めるのは、よほどの貯金がない限り難しいです。

なぜなら、候補に入れていた企業に採用されるとは限らないからです。

候補だった企業が全てダメだったら、振り出しに戻ってしまいます。

つまり、仕事を辞めてからだと、リスクが大きすぎるんです。

それならば、仕事を続けながら、仕事以外の時間を転職活動に充てる工夫をした方がいいでしょう。

転職活動とプログラミングの勉強は両立しよう!

仕事を辞めないで転職活動をするのと、イメージは同じです。

できれば、仕事を続けつつ、転職活動をしながら、プログラミングの勉強も進めていくのが理想的です。

はっきり言うと、ITの仕事は趣味の延長でできるものではありません。

言い換えれば、ITの未経験者で30代でも、今回の記事に書かれている内容を実践すれば、転職できる可能性が上がります。

IT未経験でもキャリアプランは考えておく

自分なりに、キャリアプランは考えておいた方が良いでしょう。

なぜなら、IT業界に転職したい理由、将来的にどんな仕事をしていきたいのか、まで計画していなければ、仕事は続かないからです。

IT業界に転職をしたいけど、30代で未経験だからどうしたら良いか分からない人は、キャリアプランから考えてみても良いでしょう。

まとめ

今回は、「IT未経験の30代が転職するために必要な知識」について、ご紹介してきました。

IT業界に30代で転職を考えている人は、企業からすると有望枠ではなく即戦力枠として求められます。

30代でIT未経験の状況から、転職活動を成功させるには、プログラミング、転職活動、仕事を全て効率よくこなす必要があります。

ぜひ、この記事を参考にして、IT業界への転職を成功させましょう。