40代の転職成功者が急増中!企業が求める人材とは?

「40代からの転職はもう遅い」といわれた時代はもう終わりました。
今は40代の転職者を求めている企業も増えています。求められる40代のイメージも変わってきています。

少し昔ならば、40代といえばもう成長のピークを超えてあとはそれをなんとか維持する、もしくは自分たちが得た経験を後継者に伝えるのが任務でした。
しかし、今は違います。40代といってもまだまだ現役で成長途中と考える人が増え、これまでに得た経験をさらにプラスアルファして転職先の企業の収益につなげるといった流れができています。

成長し続ける経験豊富なベテラン社員を企業がほしがらないわけがありません。
40代になっても、単に管理職でマネージメントをできるというだけでなく、前向きなエネルギーを見せれば、転職活動だけでなく、転職した後も企業に貢献していける人材になれること間違いありません。

40代の転職成功者が急増中!

40代からの転職活動は、リスクもあることからこれまでは避けられる傾向がありましたが、今は違います。
人手不足なだけでなく、若者が減っていることも手伝って40代の需要は大きくなっています。

転職を斡旋してくれる転職サービスでもミドルの事務局といった40代や50代を対象とした転職サービスが多く生まれています。
そのようなサービスを利用して、40代でも転職成功者が急増しています。

過去とは異なる業種や職種での採用も増えています。営業だったから営業しかできないではなく、営業で培った経験を生かして開発や企画、品質保証など多様な世界で活躍するチャンスが増えています。

40代が転職に不利だと言われる理由

多くの企業は将来を考えて、伸びしろがある若者を増やしたいと考えています。
これからの教育を考えると、20代であれば、仮に1年間教育にあてたとしてもこのあと40年近く会社のために戦力になることが期待できます。

それに対して、40代の場合は、教育が半分の半年で住んだとしても残り20年程度しか戦力になりません。
長期的なビジョンで見ると若者を獲得するほうが企業にとっては有利になります。

また、40代は良くも悪くもこれまでの実績や経験をもとに仕事をしてしまい、頭が固くなっているということもあり、若者のように柔軟な発想がでにくい状態になっています。
新しいことにチャレンジする際の抵抗にもなりかねません。

企業側が40代に求めるスキルとは?

企業が40代に求めるスキルはなんでしょうか?
当然ながら、経験が豊富という点で、リスク管理を行い、トラブルが発生したときも対策を考える能力に期待がかかります。

40代になってマネージメントができないとなると、それは人間性を疑われることになります。
現場で仕事を続けるにしてもマネージメントをまったくしないということはありません。

人や開発プロジェクトのマネージメントの方法は人それぞれです。
若者時代に受けたマネージメントでよかったところを蓄積し、自分自身だけでなく、人や開発のマネージメントをできるようにならなければなりません。

通常、過去の経験をそのまま生かせるような職種が完全にマッチすることはありません。だからといって、過去の経験を捨てる必要もなく、過去の経験をどのように修正して、次の仕事に行かせるかを考える能力も必要です。

企業で働いていると、毎回同じルーチン作業は意外と少ないです。毎回微妙に違う仕事をしてきたはずなので、その違いを職種の違いに置き換えて、自分ができること、しないといけないことを考え、自ら実行していく能力が必要です。
人に引っ張ってもらうのではなく、自分が引っ張っていくという姿勢が重要です。

40代で転職に有利な条件

では、40代でも転職に有利になる条件はなにがあるでしょうか?

・前職で複数人の部下を束ねていた

部下を持つということは責任が発生するということです。
責任をもって部下をひっぱってきたという経験は非常に重要で、人に教えることができるというのは自分ができるという能力とは別物です。
企業としても若者育成を期待しているので、部下を束ねていたというのは大きなポイントになります。

・同じ企業に長年勤めていた

長く同じ企業に勤めたということは、企業からも必要とされていたということをさします。
また通常、働いていると、楽しいことだけでなく、つらいことも経験します。
そのつらいことを乗り越えて長年勤めたというのは耐力という点でも評価されます。

・圧倒的なスキルを持っている

特に技術職においては、他の人ではできないことができるという特殊技能は重宝されます。
短期間の教育では習得することが困難な技術になるほど、できる人が少ないほど評価され、たとえ、多数の人ができる能力としても複合して特殊技能となる場合も多くあります。

例えば、機械設計者は機械のことしかしらないというケースが多いですが、電気回路が少しできる、プログラムを少し書くことができるということは、開発の中で、トラブルが発生したときに、原因究明が必要になります。

機械のことしか知らなければ、原因がソフトウェアになるのか判断もできません。機械だけでなくソフトウェアや電気が少しでもできれば原因究明の切り口を見つけることができます。
そういう点で希少価値が高まります。

・エネルギーをもっている

40代で疲れたサラリーマンをほしいと思う企業があるでしょうか?40代になり、これまでのさまざまな経験を生かして仕事ができるだけでなく、さらに学ぼうとしている、新しいことにチャレンジしようとする姿勢があれば、企業としても期待が持てます。

40代で転職に不利な条件

逆に不利になる条件はなにがあるでしょうか?
普通に考えると有利になる条件の逆になります。

・40代になってもマネージメント経験がない

40代でもマネージメント経験がないことを単にマネージメントができないからと捕らえるのではなく、マネージメントを行うよりも現場のほうが向いていたからという理由も考えられます。

マネージメントが絶対ではないし、マネージメントができないのかできるけどしなかったというのでは大きな違いです。マネージメントをしてこなかった理由を明確にしておきましょう。

・頻繁に転職している

頻繁に転職をしている人に対する印象は、辛抱強さが足りないということになると思います。
しかし転職を行う理由はネガティブな原因ばかりではないので、相手に評価してもらえるような理由を考えましょう。

・スキルがない

特殊な業務をしてこなければ、特殊なスキルは身につきません。ここは正直に答えるしかありません。話を盛ってしまうと、実際に入社してからが辛くなるので、スキルはないけど、これからも学ぶ意欲をみせることが大切です。

・エネルギーがない

エネルギーがない人の採用は難しいので、できるだけエネルギーを持ちましょう。
新しいことにチャレンジする、小さな幸せを見つけてがんばるでも十分なエネルギーを見せることができます。

ここで注意しなければならないのは、面接時に自分を作りすぎないことです。
面接はうまく言うことができて入社できたとしても、入社するとすぐに本来の姿がでてしまいます。
本来の姿を隠して働いていくのはつらい結果につながるので、実現可能な範囲にとどめるようにしましょう。

40代で転職成功するための3つのポイント!

40代という社会経験もある人を採用するには、新入社員や既存の若い人には無いスキルや考え方が必要です。

上司と部下を繋ぐマネジメント能力

若者と上司のジェネレーションギャップを緩和し、コミュニケーションをとりやすい環境を整備することが求められます。
企業にとっては若者が企業として成長するための財産であり、若者を育てることによって企業の成長具合が決まります。

上司は畑違いや、年が離れすぎてコミュニケーションがとれない、現場から離れた期間が長く、現場を理解できないなどのギャップが生まれます。
このギャップを緩和させることができる人材を企業は求めています。

企業や自分のための向上意欲

企業が成長するためには人材の成長は必須です。40代になったからといって、これまでの経験だけでなく、その経験を糧にしてさらなる成長するという姿勢が大切です。

若者もその姿を見ていますので、自分は成長する気持ちがないのに若者に成長しなさい、と指導なんてできません。
常に成長し続ける向上意欲は必ず必要です。

幅広い経験

機械設計者であってもソフトウェアや電気のことをある程度わかっているほうがよいです。
開発の中でトラブルに対応する際、原因の切り分けができるからです。

また、開発スケジュールを管理する上でもある程度は知っていないと担当者の提出したスケジュールや仕様書に対してコメントすることができません。
極力幅広い技術を身につけ、狭い視線にならないようにしましょう。

まとめ

40代での転職活動の可能性について解説しました。
40代になっても向上する意欲があれば、転職できる可能性は高くなります。

常日頃から、上司と若者をつなぐ役割を意識し、自分自身も若者とともに成長するという姿勢をみせるようにしましょう。
その上で、ほかの人にはないスキルを身につけましょう。

40代に求められるのはスペシャリストもしくはジェネラリスト(なんでもそこそこできる人)です。
スペシャリストは特殊なスキルを前面にだして、同業種への転職が有利になり、ジェネラリストはこれまでとは異なる業種への転職も可能になるため、転職先の幅が広がります。
自分はどちらなのかを考え、転職活動時のアピール時に意識しましょう。

現在は40代も転職が可能であるどころか、企業から引く手あまたなのが現状です。
40代だからといって諦めずに、新しい世界へチャレンジしていきましょう。